FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イ・ジュンギ「無法弁護士」・・「イヌとオオカミの時間」超える復讐劇になるか(総合)

久しぶりに記事を紹介します。

「無法弁護士」制作発表会でしたね~♡

ジュンギさんがマジカッコ良かった( *´艸`)

かなり長い記事なので訳すのに時間がかかってしまいました。・・・

長文ですが、読んで頂けるととっても嬉しいです(^^)v




イ・ジュンギ、ソ・イェジ「無法弁護士」・・「イヌとオオカミの時間」超える復讐劇になるか(総合)



「無法弁護士」制作発表記者会見



「イヌとオオカミの時間」以来11年ぶりに再会したキム・ジンミンPDとイ・ジュンギ。

今回は新しい相手と出会い彼らが「イヌとオオカミの時間」を超えるアンサンブルを作り出せるだろうか。





8日午後、ソウル永登浦区に位置するタイムズクエア、アモリスホールでtvN新土日ドラマ「無法弁護士」の製作発表会が行われた。

イベントにはイ・ジュンギ、ソ・イェジ、イ・ヘヨン、チェ・ミンス、キムジンミンPDが出席した。







「無法弁護士」はキム・ジンミンPDとユン・ヒョンホ作家が意気投合した作品で、イ・ジュンギ、ソ・イェジ、イ・ヘヨン、チェ・ミンスなどが出演者リストに名前を載せ、視聴者たちの期待を一身に受けた。

「無法弁護士」は法の代わりに拳を使っていた無法弁護士が自分の人生をかけて絶対権力に立ち向かって闘い、真の無法(武法)弁護士に成長する巨悪掃討法廷アクション劇だ。 







キム・ジンミンPDは「俗に復讐ドラマとして知られたようだが、復讐をベースにしているが、はるかに楽しく、しこりを解きほぐす話だ。 週末9時に見るには遜色がなく、作品のクオリティにも最善を尽くしていると見て頂けたら嬉しい」と話した。

その他のドラマも復讐をベースにした作品。

しかし、キム・ジンミンPDははっきりとした「違い」があると。

キム・ジンミンPDは「違う点は俳優たちだ。 二人の主人公は一生懸命敵陣に向かって走って行くが、イ・ヘヨン先輩とチェ・ミンス先輩が見せてくれるカリスマ、二人が見せるアンサンブルのため、その部分はあえて説明するには微妙だ」と話した。



「無法弁護士」制作発表記者会見




「無法弁護士」はMBC「イヌとオオカミの時間」以降11年ぶりに再会したキム・ジンミンPDとイ・ジュンギの作品。

キム・ジンミンPDは11年ぶりに再会したイ・ジュンギについて「11年前のイ・ジュンギは何かを情熱的にする人という印象が今でも残っている。 姿勢と情熱は今でも変わらない。 今はとても柔軟な人になった。 他の人の言葉も聞くことが出来て自分のやり方で消化できる俳優になった。 成長したという感じがした。 物凄いスターになったが、現場でいつも俳優やスタッフたちを気遣う姿が見えて『あの人が長く続いているのには理由があるんだな』と思った。 今、イ・ジュンギさんは良いパートナーだ。 ソ・イェジさんもそうだし、イ・へヨンさんもチェ・ミンスさんも一緒にやってみべき俳優たちだと思う。 イ・ジュンギさんが皆さんに見せてくれるアンサンブルの中でロングランする俳優になって欲しいと思う」と話した。






イ・ジュンギもキム・ジンミンPDとの再会に意味を置いていた。

イ・ジュンギは「監督が久しぶりに私を訪ねて下さり感謝した。 何かがある作品だと思った。 普通の作品なら監督が手を出さないだろう思った。 酒を飲みながら話を聞いて『このキャラクターを私がすれば面白そうだ』と思った。 最初に監督が『これはジュンギがしてはいけない』と思われたそうだ。 『イヌとオオカミの時間』を一緒にしたので「これ以上のシナジー効果を出せなければどうだろう」と思って私がしてはいけないと思われたそうだ。 ところが、いろんな話を交わしながらその時よりもっと大きなシナジーを出すことが出来そうだと思った。 そして『10年後にも食べていける人になるべきではないか」と仰った。 演技的に俳優としても作品に対する態度でもいろいろな部分があるので、私がこれまでマンネリになっていたことが、定着していたものが破れるのではないかと考えた」と明らかにした。







俳優たちの覚悟も強かった。

イ・ジュンギは法と拳を兼備した元組織暴力団の弁護士ボン・サンピル役を引き受け、ソ・イェジはを持て余す熱血弁護士ハ・ジェイ役を引き受けた。

イ・ジュンギとソ・イェジの呼吸は良いほうだと。

イ・ジュンギはソ・イェジについて「ソ・イェジとのケミはかなり良い。 さっきイェジさんも言いましたが、本人が麻痺し、重い作品をしてみた。 そして静かな方だと思ったがむしろ私が『まだちょっとふざけて近づいたほうがいいんじゃないか』と思った。 ところが実際にお会いした時にはもっと明るい姿を持っておられ、相手を楽にしてくれる部分がある。 私がもう少し多くのものを見せて近づきたいと思う俳優だ。 女優として現場での不便でもどかしい部分も多いがいつも笑っている姿を見ながら久しぶりに新しい俳優を見たように思った。 とても良い。 和をよく合わせ一つのドラマのよいカップルとして披露できると良いなあ。 そんな確信がする」と話した。








イ・ヘヨンとチェ・ミンスで続く中堅俳優のラインも「無法弁護士」を支える心強い背景。

イ・ヘヨンはイ・ジュンギとソ・イェジに対する称賛を惜しまず、チェ・ミンスも「イ・ジュンギが凄まじく準備しているようだ。 とても一生懸命する。 寝ない。 ニュースを見ると私の夢を見たそうだ。 私を見たと言う。 もともと俳優はみな台本だけに気を取られるのは正法ではない。 相手の配役を引き受けた人がどんな人なのか、事前に会ってその人の性向を覗き見て、その相手がどんな人なのか訪ねる事が重要だ。 イ・ジュンギはそれをした。 私のアジトに来た。 多くの話を交わした。 私たちが初撮影をする時、イ・ジュンギが知らずに来たんだ。 本人のシーンも無いのに来た。 1、2か月後にまた見た。 以前はジュンギだったが、2ヵ月後に野良犬が現れた。 さもしくも他人のシーンを撮るのを偵察に来たんだ。 それで『ほら見ろ。 キム・ジンミンが狼を一匹育てたな』と思った」と誉めた。



「無法弁護士」制作発表記者会見



特に「無法弁護士」の観戦ポイントは善と悪との明確な対立と道場破りをするように悪いキャラクターに会い、徐々に強くなるボン・サンピルのキャラクターを見る楽しみ。

イ・ジュンギは、アクション演技にも熱をあげているところだと。

イ・ジュンギは「体を使う作品に惹かれるのは事実だ。 私が37歳だが、体を使う日が(残り少なくなっている)。 多くの方々が良く見て下さいますが、身体能力で全て出来るまでは、身体的な演技を絶えずお見せしたいのが事実だ。 可能であればそんなものを見せてあげられる作品に出演したい。 アクションが全てではないが、その中に私の臓器を溶かすことが出来ればいいなと思っている。 そんな部分で自信があってするのだ」と言い、イ・ジュンギの専売特許のアクション演技に対する期待感も高めた。








俳優たちは「無法弁護士」の観戦ポイントについてアクションと「善悪」の交差を挙げた。

キム・ジンミンPDは「一生懸命準備した。 見る層が凄く多様なドラマだと思う。 ありのまま見て評価を冷静に下して頂きたい。 これから始まるので16個を作っていくのに役立ちそうだ」と話した。

イ・ジュンギは「今も一生懸命に撮影中だ。 私たちが撮ったものをたくさん撮っておいた。 視聴者たちが期待するほど、満たすことが出来るよう私から率先して一生懸命し、信頼を裏切らない」と明らかにした。

ソ・イェジは「社会的に女、女性たちが多く弱者として知られておりそう思っている。 『無法弁護士』では女性が弱者でなく、共同で進むたくさんの姿を見て頂けたら嬉しい」と話した。

イ・ヘヨンは「演技者たちの演技だけ見せてもいいようだ。 中間でよく合わせたい」と所感を明らかにした。



「無法弁護士」制作発表記者会見




「無法弁護士」がアクションと法廷劇を同時に描き「ライブ」に向けた視聴者たちの愛をそのまま引き継いて行けるかに関心が集まっている。

12日午後9時に初放送。

source:sportschosun.com


チェ・ミンスさんのジュンギさん評・・・凄いですね( *´艸`)

「以前はジュンギだったが、2ヵ月後に野良犬が現れた。ほら見ろ。 キム・ジンミンが狼を一匹育てたな』と思った」最高の誉め言葉ですよね。鳥肌ものです

どれだけジュンギさんが努力したのか、分かるくだりですね。

どんなボン・サンピルを見せてくれるのか本当に楽しみです。

チェ・ミンスさん、オーラバリバリなのでジュンギさんとの夢の共演・・本当に楽しみです(^^)v






よろしかったら、ポチっとして下さいませ~更新の励みになります(^-^)/
にほんブログ村

スポンサーサイト

プロフィール

Orange

Author:Orange

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。